物流コストを削減したい企業様のためのお役立ちサイト 物流コスト削減.COM

  • HOME
  • 初めてご利用の方へ
  • メールレター配信申込
  • 記事投稿
  • サイトマップ
サイト内検索

お問い合わせフォームはコチラ

トップページ > 失敗しない物流会社の選び方
イメージ

失敗しない物流会社の選び方

「なぜこんな物流会社を選んでしまったのか…」
「いざ付き合ってみると、もともとの話と違う…」

このようなことをお感じになったことはありませんか?

物流会社選びに失敗したことがあるでしょうか?
もしなかったとしても、物流会社選びに失敗することのリスクは、ご理解いただいていることと思います。

失敗しない物流会社の選び方はないのか…。

その方法はあります。皆様が知らないところで、一部の人だけが自社にとって最適な物流会社の選び方を知り、実践しているのです。

実は失敗しない物流会社の選び方には、7つのポイントがあります。
その7つのポイントとは、

>> 1.経営者の姿勢(理念・ビジョン)を観る
>> 2.原価指標を持つ(ABC分析によって自社の原価構造を知る)
>> 3.要件定義書を作成し、コンペを行う
>> 4.品質を数字で語れる会社と付き合う
>> 5.一緒に創っていく意識を持つ
>> 6.まずは少しだけ使ってみる
>> 7.しっかりした契約書(サービスレベルアグリーメント)を締結する

この内容は皆様が想像する以上にシンプルなものです。
ただし、この7つのポイントを「知っていること」と「知らないこと」とでは、物流会社との付き合い方に雲泥の差が出るのです。

「知っていることとできることは違う」とよく耳にしますが、まずは「知る」ステップがなければ何も始まりません。7つのポイントをしっかり把握しましょう。

それでは各ポイントの内容を詳しく見ていくことにしましょう。

経営者の姿勢(理念・ビジョン)を観る

物流会社の現場最前線で働くドライバー、作業員の行動は経営者が持つ理念と繋がっています。従業員の動きや考え方には経営者の理念が反映されるものです。
理念の浸透が強ければ強いほど現場の品質も高くなります。
経営者の理念はどうやって判断すればよいのか?その答えは簡単です。実際に現場に足を運んでみることです。物流会社の社長としっかり話をすることが望ましいのです。
そして現場を観る。特に朝礼を見るのは効果的です。経営理念を唱和しているだけでも、社長・社員の意識の高さを伺い知ることができます。

原価指標を持つ(ABC分析によって自社の原価構造を知る)

物流会社に見積もりを取る前に、まずは自社の原価構造を知ることが大切です。
自社の人件費やコストが分かって初めて、物流会社との交渉のスタートを切ることができるのです。
仮に、自社の原価構造を知らずに見積もりを取った場合、相見積りで「こっちの物流会社が安い。あっちの物流会社が安い」と価格比較をするだけになり、物流会社を判断する基準が曖昧になります。
これは、談合など、不当に高い価格で見積りを作成されてしまう可能性がありますので、自社にとって非常にリスクのあることだと言えます。
逆に、品質が最悪で、価格だけ非常に安く押さえられているケースもあります。この場合も自社の原価構造を知らなければ、その事実を見抜くことができません。
あなた自身を守るためにも、自社の原価構造を把握しておきましょう。

要件定義書を作成し、コンペを行う

物流会社とお付き合いをしていく上で、事前に「サービスレベルの要件定義」を行う必要があります。例えば、リードタイム、品質要件などです。
要件定義ができていなければ、やはり明確な根拠のない相見積りになって、中身のわからないまま契約をすることになります。物流会社に都合のいいように話を持っていかれてしまう可能性があり、非常にリスクの高いことであると言えます。
荷主主導で物流会社と良好なお付き合いしていくためには、要件定義書が必須です。

品質を数字で語れる会社と付き合う

破損率・遅配率・誤配率・在庫差異といった指標となる数字を持って初めて、信頼するに足る物流会社であると言えます。
品質を定量的に数字で語れる会社と付き合うことがポイントです。
破損率・遅配率・誤配率・在庫差異といった数字は絶対に“0”ということはありえません。「うちは率が低い」というところは山ほどありますが、その中で、具体的な数字が出てくる物流会社はごくわずかです。

一緒に創っていく意識を持つ

荷主企業によく見られる傾向として、頼んだ後は物流会社に任せっきりにしてしまうことがあるようです。
「お金払ってるんだから、任せっきりでいいじゃないか」
そのお気持ちもわかりますが、任せっきりにしてしまうと、実は物流会社の思うつぼになってしまうのです。
必要なのは、荷主企業と物流会社が「パートナーの関係」を前提として、情報を開示し合うことなのです。情報・指標について、しっかりディスカッションしていく必要があります。
例えば、月に一回、定期検討会をすることが望ましいと考えられます。ディスカッションの場では、数字で現在の状況語りましょう。とにかく「定期的に」情報交換を行うことが重要です。

まずは少しだけ使ってみる

例えば、今現在30台依頼している物流会社の品質が芳しくない場合。
「品質が悪いから物流会社を変えたい…」と言って、一度に30台全てを変更しようとすることはありますが、これは荷主にとっても、そして新しくお付き合いを始める物流会社にとってもリスクの高いことであると言えます。
まずは数台だけ、しっかりテストをして試してみることが大切です。
物流会社によっても得意分野、苦手分野は様々です。一度試してみて相性を確認してみることは、両者にとってメリットがあるのです。お互いのために、焦らず少しだけ試してみましょう。

しっかりした契約書(サービスレベルアグリーメント)を締結する

荷主と物流会社との契約は曖昧であることが非常に多いです。そもそも契約書を作成しないこともあるのが実情です。契約書を交わしたとしても、十分なディスカッションをした上で作成した契約書になっていないことがほとんどです。
一般的に契約書の書面は、どちらかというと、荷主企業に有利なように作成されています。短期的に見れば、自分たちにさえメリットがあれば十分ですが、中長期的な視点に立ってみるといかがでしょうか?物流会社と良好な関係を長く続けて行こうと考えた場合、荷主と物流会社、両者にメリットが教授されるべきです。
十分なディスカッションをしないまま曖昧な条件で契約するよりは、明確な線引きをする必要があります。
今大切にするべきことは、荷主企業と物流会社の共存・共栄なのです。

以上が、失敗しない物流会社の選び方7つのポイントです。

さあ、次はこの7つのポイントを実践に移す番です。
失敗しない物流会社の選び方は間違いなく体得できます。明日から、いや今から動き出しましょう!

ページトップへ
image