物流コストを削減したい企業様のためのお役立ちサイト 物流コスト削減.COM

  • HOME
  • 初めてご利用の方へ
  • メールレター配信申込
  • 記事投稿
  • サイトマップ
サイト内検索

お問い合わせフォームはコチラ

プロの視点

アメリカ流通業の最新動向(18)「即日配達サービスの拡大」

14/2/3>>ジェイ 広山 氏

前号で大都市部におけるアマゾンやグーグルなどの最近の宅配事情について記しましたが、
なんと、ショッピングセンターさえも即日配達サービスに乗り出しています。

米国で123のショッピングセンター(SC)を運営している全米第2位のデベロッパーである
ジェネラルグロース・プロパティー社(GGP)が米国内4ヶ所のSCで即日配達サービスを試験的に始めています。

同サービスは、クラウドソーシング宅配のデリブ社(Deliv)と提携して行われているもので、
SC内の参加店で購入した商品を当日中に自宅、オフィス、ホテルなどご希望の場所に配送するものです。
宅配地域は限定されているものの、宅配料金は5ドル以下としており、
午後8時までにSC内に設けられた宅配ラウンジ(Same Day Laounge)に持ち込めば同日中に配達されます。
また、同社サイトのオンラインストアで購入した商品についても即日配達を実施します。

手始めにサンフランシスコのストーンズタウン・ギャラリア、サンノゼのイーストリッジ、
ロサンゼルスのグレンデール・ギャラリア、シカゴのオークブルックセンターで始めていますが、
同社では今後順次拡大する意向です。
また、同社が先行したものの、世界最大のSCデベロッパーであるサイモン・プロパティー・グループ社、
世界第2位のウィストフィールド社の他、メースリッチ社もデリブ社と提携し、
即日配達サービスを始めると発表しました。

尚、デリブはシリコンバレーを拠点とする新興企業で、クラウドソーシング宅配とは
デリブ社が各地で募集した自動車を所有している特定多数の宅配担当者に宅配業務を委託する雇用形態で、
担当者はデリブ社から連絡を受け、SC運営会社から商品を受け取り配達するものです。
担当者は商業用ライセンスを必要とせず、都合の良いフレキシブルな時間に仕事を請け負え、
利用客の評価が高かった人が優先的に業務を委託される
インセンティブとなっています。


お洒落な宅配ラウンジ
お洒落な宅配ラウンジ

SCも即日配達する時代?
SCも即日配達する時代?




オフィス J.K. 代表 ジェイ 広山 氏
ジェイ 広山 氏

1958年東京生まれ。卸売会社の営業及び企画開発部門に勤務後、渡米。 リサーチ会社勤務及びフリーの視察旅行コーディネーターを経て、1987年に友人とともにオフィスJ.K.を設立し代表を務める。日本及び米国の流通業界の生成、発展、展開に関する幅広い知識と全米の商業施設開発(都市開発を含む)に関する豊富な現地調査の経験を有しており、日本百貨店協会、日本ショッピングセンター協会、日本小売業協会の米国流通視察コーディネーターを長年務めるなど、日米両国において多くの団体/企業のコーディネーション、コンサルティング業務、講演会を数多く手掛け、その独自の視点と分析は高い評価を得ている。

・日本百貨店協会 スペシャルアドバイザー
 (季刊発行JDSA USAリテールレポート執筆・編集、2003年~
・日本ショッピングセンター協会 SCアカデミー講師(2007年~)
・国際ショッピングセンター協会 会員
・株式会社丹青社 アドバイザー
・JRグループ 米国流通業界レポート
 (年次レポート:2002~2006年、季刊レポート:2007年10月~)

ページトップへ
image