物流コストを削減したい企業様のためのお役立ちサイト 物流コスト削減.COM

  • HOME
  • 初めてご利用の方へ
  • メールレター配信申込
  • 記事投稿
  • サイトマップ
サイト内検索

お問い合わせフォームはコチラ

プロの視点

アメリカ流通業の最新動向(54)ウーバーがレストランの料理の宅配を急拡大

17/2/8>>ジェイ 広山 氏

世界各地でオンデマンドの配車サービスを行っているウーバーがレストランの料理の宅配サービス「ウーバーイーツ」を急拡大させています。

現在ウーバーイーツは6ヶ国33都市で展開していますが、このうち27都市が米国内で、今年6月にはロンドンでもサービスを始めており、同社では新たにヨーロッパ各国、中東、アフリカ、そして日本(東京)を含む世界22ヶ国で同サービスを始めると発表しました。

現在ヨーロッパで同様なサービスを行っている会社は、英国のジャスト・イート、ドイツのデリバリー・ヒーローとテークアウェイ・コムなどがありますが、これらの会社は、宣伝とオンライン受注に特化しており、実際の配達はそれぞれのレストランが行っています。

また、ロンドンのウーバーイーツは最低注文額や追加の配達料を設けておらず、配達時間も30分以内に早めると表明している一方、競合他社は、最低注文額があり、配達は30分から1時間となっています。尚、アマゾンもレストランの料理の宅配をする(アマゾン・レストラン)を拡大しており、現在米国内の11都市で実施していますが、9月初めにロンドンにも進出しました。

ユーロモニターによると、世界のレストランの持ち帰り料理の市場規模は毎年10%以上伸びており、2020年には934億ドルに達すると見込んでいます。


参照動画:https://youtu.be/o04zU7ALcR4


オフィス J.K. 代表 ジェイ 広山 氏
ジェイ 広山 氏

1958年東京生まれ。卸売会社の営業及び企画開発部門に勤務後、渡米。 リサーチ会社勤務及びフリーの視察旅行コーディネーターを経て、1987年に友人とともにオフィスJ.K.を設立し代表を務める。日本及び米国の流通業界の生成、発展、展開に関する幅広い知識と全米の商業施設開発(都市開発を含む)に関する豊富な現地調査の経験を有しており、日本百貨店協会、日本ショッピングセンター協会、日本小売業協会の米国流通視察コーディネーターを長年務めるなど、
日米両国において多くの団体/企業のコーディネーション、コンサルティング業務、
講演会を数多く手掛け、その独自の視点と分析は高い評価を得ている。

・日本百貨店協会 スペシャルアドバイザー
 (季刊発行JDSA USAリテールレポート執筆・編集、2003年~
・日本ショッピングセンター協会 SCアカデミー講師(2007年~)
・国際ショッピングセンター協会 会員
・株式会社丹青社 アドバイザー
・JRグループ 米国流通業界レポート
 (年次レポート:2002~2006年、季刊レポート:2007年10月~)

ページトップへ
image