物流コストを削減したい企業様のためのお役立ちサイト 物流コスト削減.COM

  • HOME
  • 初めてご利用の方へ
  • メールレター配信申込
  • 記事投稿
  • サイトマップ
サイト内検索

お問い合わせフォームはコチラ

プロの視点

アメリカ流通業の最新動向(57)2016年の米国小売業売上高先行きは不透明ながらも堅調だった小売業界

17/5/9>>ジェイ 広山 氏

トランプ政権は保護貿易、排外主義、特定国や難民の入国禁止といった大統領令を乱発し、国際社会に不安を広げている他、米国内には社会分断という危険性をも孕ませていまして、問題解決の糸口が見えていません。一方、現政権となりダウが2万ドルを超えるなど、景気に対する期待感は高いのですが、先行きは依然未知数で、商務省が発表したGDP実質成長率(実質国内総生産、季節調整済み、年率)もここにきて減速しました。第3四半期の成長率は3.2%増から3.5%増へと上方修正されたものの、第4四半期の速報値は1.9%増と減速し、個人消費も2.5%増で堅調といえるものの、3四半期連続で伸びが鈍化しています。また、2016年通年のGDP成長率も1.6%増で、前年より1.0ポイント下回っています。

今後も企業の底堅い労働需要を背景に、雇用者数は増加基調が続くとみられますが、完全雇用が近づいていることで、伸びは鈍化していく可能性がある一方、トランプ政権の移民政策の厳格化によって、労働力不足がさらに深刻化するという見方もあります。

2016年の小売業総売上高は前年の伸びを1.3ポイント上回る2.9%増の4兆8,452億6,700万ドルと順調と言えるものの、リーマンショック直後のV字回復以降は伸びが停滞しています。また、自動車及び自動車関連用品店、建築資材・園芸用品店、ガソリンスタンドと家庭用燃料ディーラーを除くコア売上高は前年と同じ3.8%増で底堅かったといえます。

業種別の前年比増減率では、オンライン/カタログ販売が13.6%増と3年連続で伸びが加速しています。小売業総売上高の約23%を占める自動車及び自動車関連用品店は6年連続で鈍化しているものの3.9%増と順調で小売業の伸びを下支えしました。

各種商品小売店は0.8%減と、2009年以来となるマイナス成長に陥りました。このうち、ディスカウントストアは10年連続の前年割れとなる4.6%減で、デパートメントストアは4.3%減で2年連続のマイナス成長です。ホールセールクラブ/スーパーセンターは0.6%増と辛うじてプラス成長を堅持し、ダラーストアを含むその他の各種商品小売店は2.1%増と底堅かったといえます。

家具店は2.3%増と底堅かったのですが前年の伸びを4.3ポイント下回りました。家庭用品店は4.9%増と引き続き好調です。建築資材/園芸用品店も住宅市場の回復が顕著で6.0%増と好調でした。家電店は3.5%減とマイナス成長です。
食料品店は2.3%増、酒販店も3.0%増と順調ですが、いずれも前年の伸びを0.6ポイント下回りました。ドラッグストア/医薬品店は7.1%増と好調である。

アパレルストアは販売不振に苦しみました。アパレル/アクセサリーストアでは0.9%増を確保しましたが、メンズアパレルストアが1.0%減、レディースアパレルストアが0.9%減、ファミリーアパレルストアも0.7%減となりました。一方、靴店は3.5%増、貴金属店は3.7%増と順調でした。

スポーツ用品店は0.5%増と堅調でしたが前年の伸びを4.9ポイント下回りました。玩具店は4.8%増と引き続き好調ですが2.9ポイント下回っています。長期に渡る低迷を抜け出しつつある書店は2.5%増です。事務用品/文房具店は6.8%減と9年連続のマイナス成長です。ギフト/ノベルティーストアは前年より6.4ポイント下回ったものの3.2%増と順調です。好調を維持していた中古品店は1.0%増に留まりました。
飲食店はフルサービスレストラン、リミテッドサービスレストランのいずれも6.1%増と引き続き好調です。







オフィス J.K. 代表 ジェイ 広山 氏
ジェイ 広山 氏

1958年東京生まれ。卸売会社の営業及び企画開発部門に勤務後、渡米。 リサーチ会社勤務及びフリーの視察旅行コーディネーターを経て、1987年に友人とともにオフィスJ.K.を設立し代表を務める。日本及び米国の流通業界の生成、発展、展開に関する幅広い知識と全米の商業施設開発(都市開発を含む)に関する豊富な現地調査の経験を有しており、日本百貨店協会、日本ショッピングセンター協会、日本小売業協会の米国流通視察コーディネーターを長年務めるなど、
日米両国において多くの団体/企業のコーディネーション、コンサルティング業務、
講演会を数多く手掛け、その独自の視点と分析は高い評価を得ている。

・日本百貨店協会 スペシャルアドバイザー
 (季刊発行JDSA USAリテールレポート執筆・編集、2003年~
・日本ショッピングセンター協会 SCアカデミー講師(2007年~)
・国際ショッピングセンター協会 会員
・株式会社丹青社 アドバイザー
・JRグループ 米国流通業界レポート
 (年次レポート:2002~2006年、季刊レポート:2007年10月~)

ページトップへ
image