物流コストを削減したい企業様のためのお役立ちサイト 物流コスト削減.COM

  • HOME
  • 初めてご利用の方へ
  • メールレター配信申込
  • 記事投稿
  • サイトマップ
サイト内検索

お問い合わせフォームはコチラ

プロの視点

アメリカ流通業の最新動向(59)
進化を続ける音声アシスタントスマート家電

17/7/11>>ジェイ 広山 氏

アマゾンが音声アシスタントスマート家電のアマゾン・エコーを発表し大きな話題となったのは2014年11月に遡りますが、その後小型で廉価版のアマゾン・エコー・ドット、持ち運べるアマゾン・タップを発売するとともに、商品の注文やピザの宅配、ウーバーへの依頼などといった新機能を次々と加え独走状態にありました。

しかし、2016年11月にグーグルがアマゾン・エコーに対抗する音声アシスタントスマート家電「グーグル・ホーム」を発売し、追撃する態勢を整えました。
また、今年2月には出荷台数で世界最大のPCベンダーであるレノボがアマゾンと提携し、モトローラのスマートフォンにアマゾン・エコーに用いられている音声アシスタント機能を搭載すると公表すると、グーグルは幾つかのアンドロイド・スマートフォンにグーグル音声アシスタント機能を搭載すると発表するなど競争が激しさを増しています。

こうした中、アマゾンは4月にアマゾン・エコーシリーズにカメラを搭載した新モデルのエコー・ルック(Echo Look)を発表しました。同機はアマゾン・エコーと同じように、マイクとスピーカーを備えており、利用者の音声に応じて、さまざまな情報を提供しますが、本体の下部にカメラとLEDフラッシュライトを搭載し、利用者の全身画像を撮影できるようになっており、日々着ているファッションやコーディネートを確認できるようになっています。また、短い動画を撮影することもでき、専用のモバイルアプリを利用すれば動画のライブビューを表示することもできる上、利用者個人のルックブック(ファッション写真のコレクション)を作成することも可能で、アプリで提供されるスタイルチェックと呼ぶサービスに画像を送れば、マシンラーニングのアルゴリズムやファッションの専門家によるアドバイスをベースにした着こなし評価も受けられます。価格はアマゾン・エコーよりも20ドル高い199.99ドルです。

また、アマゾンではこれに加え、6月に7インチのタッチスクリーンを搭載したエコー・ショー(Echo Show)を発売すると発表しました。同機にはスクリーンの他に500万画素のカメラと8つのマイク、2つのスピーカーを搭載しており、画像の表示や動画の再生、ビデオ通話が可能で、音声だけの通話に切り替えることもできるようになっています。価格は229.99ドルで、2台同時に購入すると360ドルとなる値引きキャンペーンを実施します。

デスクトップパソコンやラップトップパソコン、スマートフォンからの商品の注文はもとより、アマゾン・ダッシュやアマゾン・ダッシュボタンでの商品注文も広がりつつありますが、今後はこのエコー・ショーがオンライン販売や各種サービスにリンクしてくるような気がします。



アマゾン・エコー・ルック
参照動画:https://youtu.be/ej-YC8AmQIQ


アマゾン・エコー・ショー
参照動画:https://youtu.be/WQqxCeHhmeU




オフィス J.K. 代表 ジェイ 広山 氏
ジェイ 広山 氏

1958年東京生まれ。卸売会社の営業及び企画開発部門に勤務後、渡米。 リサーチ会社勤務及びフリーの視察旅行コーディネーターを経て、1987年に友人とともにオフィスJ.K.を設立し代表を務める。日本及び米国の流通業界の生成、発展、展開に関する幅広い知識と全米の商業施設開発(都市開発を含む)に関する豊富な現地調査の経験を有しており、日本百貨店協会、日本ショッピングセンター協会、日本小売業協会の米国流通視察コーディネーターを長年務めるなど、
日米両国において多くの団体/企業のコーディネーション、コンサルティング業務、
講演会を数多く手掛け、その独自の視点と分析は高い評価を得ている。

・日本百貨店協会 スペシャルアドバイザー
 (季刊発行JDSA USAリテールレポート執筆・編集、2003年~
・日本ショッピングセンター協会 SCアカデミー講師(2007年~)
・国際ショッピングセンター協会 会員
・株式会社丹青社 アドバイザー
・JRグループ 米国流通業界レポート
 (年次レポート:2002~2006年、季刊レポート:2007年10月~)

ページトップへ
image