物流コストを削減したい企業様のためのお役立ちサイト 物流コスト削減.COM

  • HOME
  • 初めてご利用の方へ
  • メールレター配信申込
  • 記事投稿
  • サイトマップ
サイト内検索

お問い合わせフォームはコチラ

イメージ

船井総研ロジ/Funai物流オープンカレッジ [2/21 東京]

18/01/23

船井総研ロジ株式会社主催により下記のセミナーが開催されます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Funai物流オープンカレッジ

次世代の物流システムに向けて
~物流におけるIT化や最新技術(AI、ロボット)の事例と課題~

2018年2月21日(水)10:30~16:00
http://www.f-logi.com/study/flogi_open_201802.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼物流現場におけるIT

現在の物流IT化のメインといえば、WMS。
現場で必要な情報を全て管理し、現場の精度向上や効率化などに貢献してくれます。
ただし、導入による費用対効果を高めるには、適切な開発ステップを踏むことがポイントとなります。最適なWMSの開発手法を解説します。
あわせてその他の物流ITの機能、サプライチェーンで利用されるシステムも解説します。


▼進む物流AI、ロボティクスセンターの今後

昨今、業界問わず注目が集まるAI。
物流業界にもその波は押し寄せており、AIを活用したサービスや、ロボット化が進んでいます。あるAIロボットは導入によって作業効率が人力の6倍になる場合も。
ある試算では、その市場規模は2025年に8500億円にも達するとのこと。
人手不足といった物流が抱える問題解決に役立ちそうな物流AIやロボティクスは現在どのように活用されているのか。
最新RPA(Robotic Process Automation)物流業界への応用などを解説します。


▼日立物流が行なっている、次世代への取組みとは?

日本における3PL事業者の代表企業である日立物流。彼らが現在取り組んでいる次世代へ向けた省人化(自動化)、AIの活用とはどのような内容か。
ゲストにお招きし、講演いただきます。


【講座内容】
第1講座 適正WMSの開発手法
講師:船井総研ロジ 西村

第2講座 ゲスト講演
講師:株式会社日立物流

第3講座 物流ITと基幹システム
講師:船井総研ロジ 西村

第4講座 最新物流AI ロボティクスセンターの事例と課題
講師:船井総研ロジ 赤峰

第5講座 まとめ、質疑応答
講師:船井総研ロジ 赤峰、西村

【開催概要】
開催日時:
2018年2月21日(水)10:30~16:00(受付 10:00~)

場所:
株式会社船井総合研究所 五反田オフィス
〒141-8527 東京都品川区西五反田6-12-1
JR五反田駅西口より徒歩15分

対象:
物流経験=初級、中級
業種=荷主企業(製造・卸・小売・通販)、物流子会社、3PL事業者、情報システム企業、
マテハン企業、物流不動産など

受講費:
28,000円(税抜き)/1名 ※昼食付き


【詳細・お申込み】
http://www.f-logi.com/study/flogi_open_201802.html


【お問合せ】
船井総研ロジ株式会社
TEL:03-5745-0781(平日9:30~18:00)
college@f-logi.com

ページトップへ
image